【喜多方】「釣りキチ三平」などの肉筆原画 漫画家・矢口高雄さん展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
矢口さんの原画が展示されている会場

 漫画「釣りキチ三平」の作者矢口高雄さんの原画展「ボクの学校は山と川」は21日、喜多方市美術館で始まり、来場者が肉筆原画の迫力に見入っている。9月2日まで。

 矢口さんは漫画家を目指して勤務していた銀行を退職し、漫画家デビューした。自身の体験に基づいた現実感ある物語と緻密な描写が特徴。会場には「釣りキチ三平」「釣りバカたち」「幻の怪蛇バチヘビ」などの原画約290点が並ぶ。

 8月11日午後1時30分からは矢口さんが作品の解説を行う。また、同4、18の両日にはいずれも午前10時から同市の押切川公園周辺で昆虫や水生生物の採取観察などのワークショップが行われる。ワークショップは事前の申し込みが必要。

 開館時間は午前10時~午後6時(最終入館同5時30分)。休館は水曜日。観覧料は一般500円、高校~大学生は300円、小・中学生は200円。問い合わせは同館(電話0241・23・0404)へ。