【喜多方】かき氷、冷たいラーメンなど新メニュー 三ノ倉高原ひまわり畑

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
10日から販売される新メニュー

 東北最大級の三ノ倉高原ひまわり畑(福島県喜多方市、8.35ヘクタール、約250万本)の開花に合わせ、喜多方市ふるさと振興は10日から、同高原の「山小屋くらら」で「三ノ倉トロピカルかき氷」など新メニューを発売する。

 「三ノ倉トロピカルかき氷」はイチゴ、ブルーハワイなど4色シロップとフルーツが入ったカラフルなスイーツ。「三ノ倉冷え冷えラーメン」は冷たい喜多方ラーメン。「激辛ハバネロポテト」は、フライドポテトに辛いハバネロの粉末がかかっている。

 同社は定番メニュー「ひまわりカレー」に加え、新メニューで観光客をもてなす。山小屋くららは10日から9月2日まで営業。午前10時~午後4時。問い合わせは同施設へ。

 ◇ ◇ ◇

 喜多方市ふるさと振興は10日、新しい純米酒「喜多方高原の雫」を発売する。地元産チヨニシキを使用して会津錦が仕込んだ地酒。同市の道の駅喜多の郷、ふれあいランド高郷で販売する。