【会津若松】福西本店にセレクトショップ「店蔵」開店 会津の物産振興

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
厳選された商品が並ぶ「店蔵」の店内

 まちづくり株式会社が会津若松市中町の豪商・福西家の母屋や蔵を改修した商業文化施設「福西本店」に10日、会津地域の食を中心とする地場産品を扱うセレクトショップ「店蔵」が開店した。

 「店蔵」は福西本店が建つ野口英世青春通りに面し、中心市街地から情報を発信、会津の物産の振興を目指す。郷土料理「ニシンの山椒漬け」や蜂蜜、そば、しょうゆ、会津産米、ジャムなどを販売する。「100年残したい会津のいいもの」をコンセプトに商品開発し、喜多方市の染型紙「会津型」を使ったパッケージで販売するオリジナル商品も扱う。

 開店初日はスタッフがのれんを掲げ、モモやイチゴなど福島の果物の果汁と只見町の米焼酎「ねっか」を組み合わせた酒「福島フルーツハイ」の無料試飲会が開かれた。東京から訪れたという女性(45)は「旅館でもニシンの山椒漬けを食べた。古さと新しさが融合した店内の雰囲気がいいと思う」と話した。

 営業時間は午前10時~午後6時。不定休。