【会津若松】温泉街に「雪の遊び場」 20日から会津若松・芦ノ牧温泉

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちがそり滑りなどを楽しんだ昨年のスノータウン

 芦ノ牧温泉観光協会は20日から2月28日までの期間限定で、芦ノ牧温泉街2カ所に「スノータウン」を開設する。

 スノータウンは、宿泊客や観光客に「雪国文化」を楽しんでもらう「遊び場」。雪を活用した冬季誘客策として昨年に続き設ける。

 芦ノ牧トンネル上の「かがやき公園」には「かまくら広場」が設けられ、かまくら内では餅や甘酒を提供する。

 また、戸草平には「スノーパーク」を設け、スノースライダーやそり滑り、スノーモービルやスノーモービルで引くバナナボートなどを楽しめるようにする。既にインバウンド(訪日外国人旅行)の観光客による予約も入っているという。

 スノータウンは午前10時~午後3時。大人(中学生以上)千円、子ども(幼稚園、小学生)500円。予約が基本で、前日の午後5時まで申し込む。問い合わせ、予約は各旅館へ。