【猪苗代】只見線四季の魅力伝える リステルで星さんが写真展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
只見線の写真を解説する星さん(右)=ホテルリステル猪苗代

 金山町の郷土写真家星賢孝さん(70)は18日、猪苗代町のホテルリステル猪苗代で只見線応援祈念写真展「只見線 四季彩々」を始めた。3月31日まで。

 星さんは長年、奥会津の自然風景写真を撮り続けている。特にJR只見線の四季を写した作品や霧に包まれた只見川「霧幻峡」作品が人気で、国内外の多くの写真愛好家が本県を訪れるきっかけになっている。

 同ホテルは台湾やベトナムなどから多くの外国人客が訪れ、特に台湾からは昨年1年間で約4千人が利用した。利用者に只見線の魅力を伝え、さらなるインバウンド(訪日外国人旅行)誘客につなげようと、写真展を企画した。

 写真展には、四季折々の只見線を写した星さんの写真や、外国人写真家の只見線写真など42点を展示している。

 開幕した18日、会場で作品を解説した星さんは「外国人観光客は紅葉や雪を求めて秋から冬にかけて多いが、春の桜や夏の緑の魅力にも気付いてもらいたい」と語った。

 会場は同ホテルのリステルギャラリーで、時間は午前7時~午後9時。入場無料。問い合わせは同ホテル(電話0242・66・2233)へ。