【会津若松】「デジタル未来アート展」3月開催 最新技術コンテンツ体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 最新技術を駆使したデジタルアートなどが体験できるイベント「デジタル未来アート展」は3月16~26日、会津若松市の会津稽古堂で開かれる。会津大や地元の情報通信技術(ICT)関連企業が開発したデジタルコンテンツを体験できる。

 同市や会津大などでつくる実行委員会の主催。人の動きを感知するセンサーを活用し、参加者が手を振ったり、ジャンプするとスクリーンの映像が変化し、隠された宝物が現れる「KOBOSHI KIDS~あいづの宝を取り戻せ!!」や、スキャナーで読み込んだ魚の塗り絵がスクリーン上で泳ぎ出す「ドローイング・アクアリウム」などを楽しめる。

 ドローンの動きをプログラミングしたり、ロボットを作ったりするワークショップも開かれる。

 時間は午前10時~午後6時。入場無料。