【喜多方】「福寿草まつり」16日から山都開催 開花早まり1週間前倒し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 喜多方市山都町沼ノ平地区で春の訪れを告げる「福寿草まつり」は、開催期間を1週間前倒しして16日から開かれる。イベントを主催する沼ノ平むらおこし実行委によると、例年より少ない降雪と気温が高くなったことで福寿草の開花が早まったため開催を決めた。

 同地区には約5ヘクタール最大100万株の福寿草が咲く。12日現在は三~四分咲きとなっているという。まつり期間中、会場付近の福寿草会館では雪下野菜の販売や沼ノ平そばの提供が行われる。土、日曜日、祝日限定で餅やヤマメの塩焼きを販売するほか、期間限定でスイーツやコーヒーを提供する天空カフェも出店する。開会式は予定通り、24日午前10時から行う。

 まつりの時間は午前9時~午後3時。環境保全のため300円の協力金を求めている。問い合わせは同実行委(電話080・9253・5407)へ。