【磐梯】春の訪れ...観光道路2ライン再開通 磐梯山の残雪眺め

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
再開通した磐梯山ゴールドライン=18日午前、北塩原村・猫魔ゲート

 観光道路の磐梯山ゴールドラインと磐梯吾妻レークラインの冬季通行止めが終了し、18日、再開通した。

 磐梯山ゴールドラインでは、磐梯町の清水平ゲートで長嶺勝広県喜多方建設事務所長が再開通を宣言。パトロール車を先頭に観光客らが北塩原村の裏磐梯まで走り、猪苗代湖や桧原湖、磐梯山に残る雪を眺め、春の訪れを喜んだ。

 裏磐梯側の猫魔ゲートでは、本県の桜を見に来たという観光客の男性(71)=山口県=が「昨日は三春の滝桜を見てきた、喜多方の桜を見るのが楽しみ」と話した。

 再開通したレークラインでは中津川渓谷レストハウスの営業が始まった。西吾妻スカイバレーは25日午前10時、再開通する。3路線は標高が高く、当面の間、夜間(午後5時~午前7時)通行止めとなる。

◆磐梯吾妻スカイラインはGW通行止め

 福島市の高湯、土湯両温泉を結ぶ磐梯吾妻スカイラインは、吾妻山の噴火警戒レベルが2に引き上げられたことに伴う通行止めが続いており、ゴールデンウィーク中も通行止めとなる。