【西会津】「大山まつり」開幕 大山祇神社で30日まで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
多くの参拝者でにぎわう大山祇神社

 「野沢の山の神様」として県内外から多くの信仰を受ける大山祇神社(西会津町)の「大山まつり」は1日開幕し、多くの参拝者でにぎわっている。30日まで。

 同神社は約1200年以上の歴史があり、「3年続けてお参りすれば一生に一度はなじょな願いも聞きなさる山の神様」として知られ、参拝者は拝殿から約4キロ先にある御本殿を目指して参道を歩いている。初日はオープニングセレモニーで関係者がテープカットし開催を祝ったほか、演歌歌手津吹みゆさんの歌謡ショーも開かれた。

 期間中の毎週日曜日午前10時から太々神楽、毎週土曜日午前9時30分~午後2時30分までお茶(300円)の振る舞いがある。御本社近くの岩根館、旭屋、観音茶屋で「会津大山寒ざらし蕎麦」を限定販売している。問い合わせはにしあいづ観光交流協会へ。