【いわき】「こども元気センター」完成 教育施設、4月1日から利用開始

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
完成したこども元気センター

 いわき市が同市植田町に整備を進めてきた「こども元気センター」が完成した。27日、現地で落成式が行われ、関係者が新たな教育施設の誕生を祝った。31日まで、プレオープン期間として時間限定で利用でき、4月1日に利用開始となる。

 同施設は、子どもが天候に左右されず運動でき、家庭や地域社会との交流も図れる場を提供しようと市が整備した。鉄骨造り2階建てで、延べ床面積は1470.32平方メートル。

 1階には読み聞かせや講習、学習ができる教養室、乳幼児用の遊具が設けられた遊戯室、小さなボールが敷き詰められたボールプールを設置。2階にはミニバスケットボールやバレーボールができる屋内運動場、ボルダリングやトランポリンが楽しめるチャレンジアスリートルームを設けた。

 1階から2階にかけては、立体的で複雑な階段とネットがつながった「こどもエレベーター」と「ネット遊具」が設置され、子どもが上り下りしながら運動できる構造になっている。

 落成式では、清水敏男市長が式辞を述べた後、関係者がテープカットし、完成を祝った。地元の東田保育園児が和太鼓を演奏し、式典に花を添えた。

 開館時間は午前9時~午後9時。プレオープン期間は午後5時まで。休館日は毎月最終日曜日、12月29日~1月3日。屋内運動場は午後6時~同9時、有料で一般利用者にも開放される。