【いわき】小冊子『フラ女将』発行 いわき湯本温泉、女将目線で紹介

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小冊子「フラ女将」の発行を発表した大場会長(中央)ら

 いわき市のいわき湯本温泉の関係団体などでつくる「フラのまち宣言」推進委員会は19日、湯本温泉の魅力を発信する小冊子「フラ女将(おかみ)」を発行した。大場ますみ会長らが同日、市役所で会見し、発表した。

 震災で観光客の減った湯本温泉を盛り上げようと、関係団体が昨年8月、温泉の「和」の文化とスパリゾートハワイアンズの「フラ」の文化を融合したまちづくりを推進。旅館の女将らでつくる「湯の華会」の会員女将は「フラ女将」と名乗り、フラによるおもてなしや商品づくりなどに取り組んでいる。

 小冊子には、女将を紹介する「フラ女将図鑑」、女将の目線で同温泉のまち歩きを楽しんでもらうための温泉マップや、まち歩きコース、「フラのまち」をイメージして考案されたスイーツなどが掲載されている。

 小冊子は5000部を発行。いわき湯本温泉旅館協同組合や組合加盟旅館、温泉周辺の観光施設などで無料で配布している。

 また、地元の太平桜酒造とタイアップしたフラ女将のラベルの純米酒「絆」(税別540円)や同酒造の酒かす、いわきサンシャイントマトのジュースなどを使い、女将らがプロデュースした「フラ女将カレー」(同600円)なども同日、発売された。各旅館の売店などで販売している。

 小冊子に関する問い合わせは、心和らぐ味の宿岩惣の大場会長(電話0246・42・2135)へ。