【南相馬】「おおまちマルシェ」オープン 利便性向上に期待

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開店早々にぎわう店内

 南相馬市が同市原町区大町に整備を進めていた商業施設「おおまちマルシェ」の開所式が21日、同所で行われた。施設内では食料品や日用品などを販売、災害公営住宅をはじめとする地域住民の生活の利便性向上が期待される。

 同施設のある大町地区には災害公営住宅が完成したが、日常生活に必要な物を購入できる場所が不足していた。市は利便性向上と地域商業の活性化を図ることを目的に、津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金を活用して施設の整備を進めてきた。

 開所式では桜井勝延市長が「地域の人々が歩いて買い物ができる利便性の良い施設になった」とあいさつ。関係者がテープカットして開所を祝った。式典終了後には開店を待ちわびた人々が早速買い物に訪れ、生鮮食品やお弁当などを買い求めていた。

 施設の住所は南相馬市原町区大町2の99の2。営業時間は午前8時30分~午後6時30分。日曜日定休。問い合わせは同施設(電話0244・26・7125)へ。