【南相馬】「かしまわんぱく広場」完成 子どもの体力向上へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
遊具で遊ぶ子どもたち

 子育て世帯の子どもが安心して遊べる環境を確保するとともに、子どもの体力向上などを目指して南相馬市が同市鹿島区鹿島に整備を進めていた屋内遊び場「かしまわんぱく広場」が完成し22日、現地でオープニングセレモニーが行われた。子どもたちは施設内を走り回ったり遊具で遊ぶなどし、元気いっぱいの姿を披露した。

 同広場は屋根を完備した屋内遊び場で、全天候に対応できる。約800平方メートルに人工芝が敷き詰められ、トランポリンやロッククライミングなどを体験できる遊具が並ぶ。総事業費は約3億4千万円。

 セレモニーには桜井勝延市長や関係者が出席し、子どもたちの新たな遊び場の完成を祝った。地元の幼稚園児らが早速遊具で遊び、会場に子どもたちの笑顔の輪が広がっていた。