【南相馬】開業から1年、120万人利用 常磐道SA・セデッテかしま

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
1周年記念感謝祭が開かれているセデッテかしま

 南相馬市鹿島区の常磐道南相馬鹿島サービスエリア(SA)に昨年4月にオープンしたSA利活用拠点施設「セデッテかしま」は23日、同施設で開業1周年記念感謝祭を開き、関係者が節目を祝うとともに、施設のさらなる充実強化を誓った。同施設によると、同日で利用者数120万人を達成したという。

 記念式典では、同施設指定管理者の野馬追の里の伊藤博人社長が「これからも寄ってみたい、行ってみたい施設を目指してサービス向上につなげたい」とあいさつ、桜井勝延市長が「施設を通じて、引き続き南相馬の魅力発信に努めたい」と述べた。感謝祭は24日まで。