【南相馬】「みんなの遊び場」開所 「砂遊び」テーマ、大人も一緒に

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
砂入れ式を行う子どもたちと関係者

 ポイントカード事業を展開するTポイント・ジャパン(東京)や国内インターネット大手のヤフー(同)などが取り組んでいる「みんなの遊び場プロジェクト」の一環で南相馬市鹿島区の鹿島小南側に整備を進めていた屋内遊び場「南相馬 みんなの遊び場」が完成し15日、現地で竣工(しゅんこう)・引き渡し式と開所式が行われた。

 式には、Tポイント・ジャパンや資材を提供したLIXIL(リクシル)、設計者の建築家伊東豊雄さんと建築家柳沢潤さん、桜井勝延市長ら関係者が出席した。Tポイント・ジャパンから桜井市長に鍵が引き渡された後、近隣の鹿島幼稚園の園児らと関係者が砂場に砂を入れる「砂入れ式」を行い、新しい遊び場の完成を祝った。

 同遊び場は木造平屋の屋内遊戯施設。子どもだけでなく、大人も一緒に遊べることがコンセプトで、「砂遊び」をテーマに、砂場を取り入れた。

 開館は午前9時~午後4時30分。水曜日休館。利用対象は小学生以下の児童と保護者で、使用料は無料。