【葛尾】葛尾郵便局が再開 5年3カ月ぶり、住民「便利になる」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
再開した葛尾郵便局。早速帰還した住民らが訪れ、職員が対応した

 東京電力福島第1原発事故の影響で休業していた葛尾村の葛尾郵便局は13日、約5年3カ月ぶりに営業を再開した。日本郵便東北支社によると、原発事故で休業した県内27局のうち、再開は5局目。

 同局には職員3人が常駐。原発事故前と同じく郵便、貯金、保険、物販の各業務や現金自動預払機(ATM)サービスを行う。

 同日、同局で開局セレモニーが行われた。同支社の粂井利久支社長が「地域の復興に貢献していきたい」とあいさつ。松本允秀村長、ゆうちょ銀行福島パートナーセンターの井沢孝宏所長、加賀慎一局長らと共にテープカットで再開を祝った。

 開店直後に訪れた住民(91)は、はがきを購入し「再開で便利になる。避難中にお世話になった人たちに礼状を送りたい」と話した。