【南相馬】「小高図書館」「埴谷・島尾記念文学資料館」が再開館

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
再開館した小高図書館

 避難指示が解除された南相馬市小高区で15日、東京電力福島第1原発事故後休館していた小高図書館と埴谷・島尾記念文学資料館が再開館した。

 同図書館は再開館に当たり児童コーナーを設け、親子でくつろぎながら絵本が読めるようにするなどした。同文学資料館は、戦後文学の代表的作家で小高ゆかりの埴谷雄高と島尾敏雄の二人の業績を顕彰するため2000(平成12)年5月に開館。二人の著書や直筆原稿など約3万点の資料を収蔵している。開館は午前10時~午後5時。月曜休館。