【南相馬】懐かし「バニラアイス」復活 生乳51%使用、松永牛乳が発売へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
松永牛乳の新商品「松永牛乳(株)のバニラアイス」

 アイスまんじゅうでも有名な南相馬市の牛乳加工・販売の松永牛乳(井上禄也社長)は新商品として加熱処理などを行い牛乳になる前の生乳51%使用のアイス「松永牛乳(株)のバニラアイス」を作った。同市鹿島区のセデッテかしまと原町区の道の駅南相馬で22日から発売する。

 同社でかつて作っていたという、生乳使用率の高い昔ながらのアイスの味わいを復刻しようと企画した。生乳の風味をできるだけ生かそうと、バターや生クリームを加えず、あえて乳脂肪分の割合が低いラクトアイスの規格で製造。やわらかな食感や喉ごしの爽やかさを際立たせた。

 価格は1個200円で、セデッテかしまと道の駅南相馬で当面試験的に販売していくが、売れ行きの状況を見ながら将来的には販路を伸ばしていきたい考え。

 井上社長は「牛乳製造会社として持てる技術を最大限に生かした製品。地域の特産品として名を高め、南相馬の活性化につなげていきたい」と抱負を語った。