【いわき】フリーズドライご飯を開発 カレー味など4種類、アレルギー配慮

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開発されたフリーズドライご飯

 サンフレックス永谷園(いわき市)は地元いわき市産コシヒカリ「iwaki Laiki」を100%使用したフリーズドライご飯を開発した。

 フリーズドライご飯は、水があれば作ることが可能で、梅しそ味、わかめ味、ピラフ味、カレー味の4種類。特定原材料27品目不使用の食物アレルギー配慮商品となっている。賞味期間は5年。

 主に企業の備蓄食として販売。購入者の要望によりオリジナルパッケージデザインも可能。ロゴマークやキャラクターなど、好みのパッケージにすることができる。また、将来的には市販も考えている。

 8月2、3日の両日、東京国際フォーラムを会場に全国47都道府県の信用金庫が一堂に会するイベント「2016"よい仕事おこし"フェア」にひまわり信用金庫と共同でブース出展する。