【いわき】発車メロディーは映画「フラガール」 いわき駅1・2番ホーム

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
発車メロディーが変わり、フラガールが花を添えた記念式典=1日、JRいわき駅

 いわき市の市制施行50周年に合わせて、同市のJRいわき駅で1日から、常磐線の一部ホームの発車メロディーが映画「フラガール」のメインテーマに変更された。いわき駅の1~6番ホームのうち、1、2番ホームで流れ、心地良い音色で市民や観光客の心を和ませる。

 昨年5月に行われた市制施行50周年記念事業プレゼン大会で優秀賞となった同市の消防士宗田雅裕さん(41)のアイデアを採用。フラガールのメインテーマの作曲家ジェイク・シマブクロ氏(39)から助言を受けてサビ部分を約15秒の発車メロディーにアレンジした。

 同日、同駅で記念式典が行われ、清水敏男市長、吉川浩史JR東日本水戸支社営業部長がそれぞれあいさつした。スパリゾートハワイアンズダンシングチーム「フラガール」が華麗な舞で式典に花を添えた。

 同日、いわき駅改札正面の観光案内板前で、シマブクロ氏の立ち会いで記念プレート設置式も行われた。

 メロディーは動画サイト「ユーチューブ」のいわき市公式動画チャンネルで聴くことができる。

 発車メロディーを同市ゆかりの楽曲にするのは、詩人野口雨情が作詞した「シャボン玉」を採用している湯本駅に続き市内2例目。