【浪江】仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」開所 10事業者が出店

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「まち・なみ・まるしぇ」のオープンを祝い、あいさつする出店者=27日午前、浪江町

 原発事故による全町避難が続く浪江町が、町役場本庁舎の南側駐車場に整備を進めてきた仮設商業共同店舗施設「まち・なみ・まるしぇ」が27日、オープンした。11月1日から始まる準備宿泊や来年3月目標の避難指示解除を前に、町民の利便性向上が期待される。

 式典で馬場有町長があいさつ、関係者がテープカットした。

 終了後には出席者が各店舗を視察、なみえ焼そばや海鮮丼、カレーライスなどを味わった。なみえ焼そばを食べた馬場町長は「町内で食べるなみえ焼そばの味は格別」と満足げだった。

 施設は鉄骨平屋2棟とトイレ棟で構成され、延べ床面積は計約700平方メートル。クリーニングやカフェ、コンビニなど10事業者が出店する。

 一般向けのオープンは28日となり、同日から3日間の毎日午前10時から先着300人に大堀相馬焼箸置きをプレゼントする。抽選会などのオープン記念イベントも実施する。各店舗の開店時間は異なる。

 問い合わせは町産業振興課(電話0240・34・0247)へ。