【双葉郡】「ふたばぐるぐるMAP」 完成 12月から役場などで無料配布へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
完成した「ふたばぐるぐるMAP(マップ)」

 双葉郡8町村の名所や買い物場所、原発事故で通行止めの地点などを地図にまとめた「ふたばぐるぐるMAP(マップ)」が完成した。1万部作り、12月から各役場やコンビニエンスストアなどで無料で配る。

 8町村の復興担当職員らでつくる「ふたばの明日を考える会」、福島大うつくしまふくしま未来支援センター相双地域支援サテライトが手掛け、25日の国際フォーラムでお披露目した。

 避難指示解除が進み、被災地の学習ツアーなどで郡内を訪れる人や帰還する人の増加が見込まれるため、地域の魅力と現状を伝える周遊マップが必要として今春から製作を進めてきた。

 マップにはガソリンスタンドやトイレがある施設、津波浸水区域も盛り込み、震災から復興への歩みを年表にした。

 A2判カラーでいわき市のデザイナー藤城光さんがデザインした。半年ごとに内容を更新する。