【いわき】『光の桜』満開 過去最多20万個、夜の森の桜並木イメージ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
夜の森の桜並木をイメージしたイルミネーションの試験点灯=28日午後、いわき市・いわき駅前大通り

 いわき市のいわき駅前大通りを桜色に彩るイルミネーション「第5回いわき光のさくらまつり―光あふれるふるさととの架け橋」は12月3日、スタートする。28日、試験点灯が行われ、富岡町の名所、夜の森の桜並木をイメージした光の桜が満開となった。

 いわき青年会議所(JC)の主催、浪江、南双葉の両JCの共催。

 5年目の今年は、駅前のケヤキ並木に桜の花びらの形をした発光ダイオード(LED)を、過去最多の約20万個を取り付けてライトアップする。点灯期間は来年1月9日まで、時間は午後5時~同11時。

 点灯式は12月3日同5時30分から、JRいわき駅前のペデストリアンデッキで行う。今年は、浪江町で行われていた「請戸川リバーライン桜まつり」をイメージし、点灯式で初めて花火を打ち上げる。

 問い合わせはいわきJC事務局(電話0246・24・0780)へ。