【南相馬】小高駅前に高校生『憩いの場』 「キッチンカー」17日開業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
キッチンカーの製作に取り組む関係者

 来年4月に小高工、小高商の両高校を統合した小高産業技術高が開校する南相馬市小高区に高校生たちが気軽に集まれる場所をつくろうと、市内の若者を中心に製作したキッチンカーが17日、JR小高駅前で開業する。関係者はキッチンカーに多くの人が集まり、にぎわう場所になるよう期待している。

 今後、復興が進む中で高校生たちが気軽に集える場所が同区にないという指摘があったことから、市内の若者を中心に、高校生が立ち寄れるカフェをつくろうと夏から準備してきた。

 キッチンカーは軽ワゴン車を改装、塗装には高校生も協力し、コーヒーや紅茶を提供できるようにした。キッチンカーの名称は「Odaka Micro Stand Bar」、略称を「OMSB(おむすび)」とし、小高に関わる人たちを結び、憩いの場所にしたいとの思いを込めた。

 キッチンカーの運営に当たるOMSB手作り委員会の花岡高行代表は「キッチンカーをきっかけに、高校生たちが気軽に立ち寄れる場所をどのようにしていくか、集いながら話し合っていければ」としている。

 キッチンカーは当面、毎週土、日曜日にJR小高駅前で午前9時から午後3時ごろまで営業する。