【浪江】東邦銀行、浪江で「移動店舗」1月10日から営業開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東邦銀行は22日、東京電力福島第1原発事故の避難区域となっている浪江町の同町役場で来年1月10日から、移動店舗車「とうほう・みんなの移動店舗」の営業を始めると発表した。避難指示解除に向けた住民帰還を後押しする。

 移動店舗車は現在、いわき市と富岡町で営業している。浪江町での営業は火、木曜日で時間は午前11時~午後1時。預金の出し入れや通帳記入、新規口座の開設、税金や公共料金の支払いなどができる。

 現在、週2日営業している富岡町の複合商業施設「さくらモールとみおか」の営業については、同モールに現金自動預払機(ATM)が設置されたことなどから金曜日の午前10時30分~午後1時30分のみに変更となる。

 来年1月10日以降の営業日などは次の通り。

 いわきニュータウン(月曜日、午前10時~午後2時)▽浪江町役場(火、木曜日、前11時~午後1時)▽さくらモールとみおか(金曜日、前10時30分~午後1時30分)