【いわき】国道6号「久之浜バイパス」全線開通 交通渋滞緩和など期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テープカットする関係者ら=26日午前、いわき市久之浜町

 いわき市四倉町から同市久之浜町久之浜までの国道6号久之浜バイパス第1工区(延長3.7キロ)が完成、26日に同バイパスが全線開通した。同日、現地で開通式が行われ、出席者約200人が完成を祝った。

 同バイパスは、同市四倉町から同市久之浜町金ケ沢までの延長6キロで、これまでの国道6号より内陸側に整備。同市久之浜町久之浜から同金ケ沢までの第2工区(延長2.3キロ)は1999(平成11)年3月に開通。全線開通で、津波などによる通行止めリスクが解消、震災後に慢性化している交通渋滞の緩和や救急搬送の迅速化などが期待される。

 開通式では、畠利行副知事、清水敏男いわき市長、川滝弘之東北地方整備局長があいさつ。吉野正芳衆院議員らが祝辞を述べた。小野栄重いわき商工会議所会頭が期待のメッセージを寄せた。続いて関係者がテープカットとくす玉割りを行い、開通を祝った。