【相馬】「相馬市バスターミナル」供用開始へ 仙台往復便が大幅増

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
相馬市バスターミナル内で試験運行する3社の高速バス

 相馬市は、公共交通の拠点施設として、同市山上の国道115号沿い、相馬インターチェンジ(IC)周辺に「相馬市バスターミナル」を整備した。1日から供用を開始する。3月30日、同所でバス会社が試験運行を行った。

 バスターミナルでは、1日18往復、36便の高速バスが発着予定。福島交通の相馬―霊山・福島間が1日4往復、東北アクセスの南相馬―仙台間が12往復、桜交通の相馬―東京間が2往復する。相馬市内に乗り入れする高速バスの便数は、これまでより仙台間の往復便が大幅に増えたという。

 利用者専用の駐車場が65台併設され、無料で利用できる。運行時間は、市のホームページなどに掲載予定。