【南相馬】C50型蒸気機関車、17年ぶり修繕 福島・南相馬市博物館

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
17年ぶりに塗装修繕されたC50型103号機

 福島県南相馬市博物館敷地内に野外展示している蒸気機関車(SL)が17年ぶりに塗装修繕された。  

 SLはC50型103号機。同館によると、同型で現存しているのは国内で6両のみ。1945(昭和20)年から70年まで常磐線を走行していた。

 修繕は近代遺産として保全するため、昨年10月から進められた。

 同館は「ゴールデンウイークなどを利用し、SLファンだけでなく、ぜひ大勢の皆さんに見に来てほしい」としている。