【広野】 「ひろの童謡まつり」 10月14日開催 実行委が日程決定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 童謡「とんぼのめがね」や唱歌「汽車」の舞台となった広野町で10月14日、恒例の音楽祭「第23回ひろの童謡(うた)まつり」が開かれる。童謡のまちづくり実行委員会が5日までに日程を決めた。

 今年は中央体育館を会場に国際フォーラムとの同時開催を視野に入れており、「童謡のまち広野」を世界にも発信したい考え。

 童謡まつりは、震災が起きた2011(平成23)年のみ休止したが、町に伝わる童謡文化の継承により住民の心の復興と双葉郡の再生につなげようと、12年に復活した。

 今回も広野童謡大使の真理ヨシコさんを迎え、出演者と会場が一体となって童謡や唱歌を歌う。県内外の小、中学生、コーラス団体などから出演者を募る。

 遠藤町長は、童謡による交流を契機に静岡県伊東市と友好交流都市を結んだことを報告し「来年の童謡誕生100周年に向け、力を合わせて思い出に残る童謡まつりにしたい」と述べた。