【いわき】常磐道下り線・四倉パーキングエリア「商業施設」開店

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
常磐道下り線四倉パーキングエリアにオープンした商業施設で買い物を楽しむ利用者

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)とネクセリア東日本は3日、いわき市の常磐道下り線四倉パーキングエリアに飲食コーナーと売店を備えた商業施設をオープンした。多くの人が訪れ、買い物や飲食を楽しんだ。

 イベントで同市のレイモミ小野フラスクールの生徒がフラを披露。清水敏男市長、小林達也ネクスコ東日本いわき管理事務所長があいさつし、関係者と共にテープカットした。

 売店には土産品や食品が並び、旬の海産物などが自慢の飲食コーナーも人気を集めた。一般道から入れるウオークインゲートから訪れた同市の主婦(46)は「近所なので常磐道を使わない時でも寄りたい」と話した。

 四倉PAは2002(平成14)年に商業施設のないPAとして整備された。商業施設は平屋で、建物面積は258平方メートル、総工費は約2億円。一般道からも利用できるよう歩行者用の門も設けた。

 商業施設の営業時間は午前6時30分~午後7時30分。