【いわき】ピクルス「おここさん」と「月色プリン」 地域商社が開発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
和風ピクルスの「おここさん」と「月色プリン」

 いわき市の地域商社いわきユナイトが同市の食品メーカー2社と初めて手掛けた2商品が16日までに、インターネット販売大手のアマゾンで販売されることが決まった。早ければ今月下旬にも購入できる。

 ユナイトは地元生産者や食品メーカーの商品開発や販路拡大に携わる地域商社。地元の中小事業所や生産者の活性化を目的とする同社にとって順調なスタートを切った形だ。

 販売されるのは、同市の漬物メーカー長久保食品と共同開発した和風ピクルス「おここさん」と、食品メーカーいわき遠野らぱんの既存商品をブランド再構築として改良した「月色プリン」の2商品。アマゾンは「商品に魅力がある」として両商品を福島の復興を応援する「福島県フェア」で売り出す。

 「おここさん」はいわき産のトマトやシイタケなどを使った5種類。「月色プリン」は女性をターゲットに千ミリグラムのコラーゲンを配合して改良した。

 同商社は今回の販路確保を機に「いわき産食品」を県内外に広めるきっかけにしたい考え。共同経営者の田子哲也さん(48)と植松謙さん(41)は「販売量を確保し、地元の生産者や食品メーカー活性化につなげる仕組みをつくりたい」とし、今後も地元企業と連携した商品開発や販路拡大を進める方針だ。

 「月色プリン」は現在、食品・雑貨を扱う同市のブルーシュエットで先行販売中。売れ行き好調という。同店では「おここさん」も27日から販売する予定という。