【相馬】海沿い照らす「浦ぼたる」開始 松川浦海沿いに淡い光1200個

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
淡い光で松川浦の海沿いを照らすペットボタル=相馬市

 相馬市青年団体連絡会は3日、同市尾浜の松川浦の海沿いを淡い光で照らす「浦ぼたる」を開始した。来年1月末まで。点灯は日没から約4時間。

 沿岸部を盛り上げようと初めて企画。県道相馬亘理線沿いの約400メートルにペットボトルの中に発光ダイオード(LED)を入れた「ペットボタル」約1200個を飾った。

 同連絡会長の土屋大典さん(47)は「ホタルの輝きのように、かすかでも着実に復興の歩みが続いてほしい」と、海沿いを見つめた。