【南相馬】買い物充実へ「昼空市」 毎週水曜日、新鮮野菜や魚など並ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大勢の地元住民らでにぎわった昼空市

 2016(平成28)年7月に大部分で避難指示が解除された福島県南相馬市小高区の買い物環境の向上を図ろうと、青果や鮮魚などが並ぶ「昼空市」が14日、同市小高区の小高浮舟ふれあい広場で始まった。時間は毎週水曜日午後0時30分から1時間。

 出店事業者は宮城県亘理町の青果店「藤崎商店」、小高区の鮮魚店「三上魚店」、相馬市の果物店「くさの果物」。藤崎商店の藤崎貞之さんは避難指示解除前の同区で毎週2回、市場を開いてきた。帰還者の利便性向上を図ろうと、同区役所が市内外の事業者に呼び掛け、2事業者が加わった。

 初回の昼空市では新鮮な野菜や果物、サケやタラの切り身などが並び、大勢の地元住民らでにぎわった。