【南相馬、飯舘】「八木沢トンネル」開通 県道原町川俣線

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県道原町川俣線八木沢トンネルの開通式でテープカットとくす玉を割る関係者=18日午前、南相馬市

 南相馬市原町区大原で18日に行われた県道原町川俣線の八木沢トンネル(延長2345メートル)の開通式では、関係者が悲願だった八木沢峠のトンネル化を祝い、復興の加速化へ期待を寄せた。

 開通式では、内堀雅雄知事や南相馬市の門馬和夫市長(原町川俣線改良促進期成同盟会長)、飯舘村の菅野典雄村長らがテープカットした。

 内堀知事は「(トンネルの開通で)安全で信頼性の高い交通の確保や、広域的な連携による地域振興など、相双地域をはじめ、県全体の復興が後押しされる」と式辞を述べた。

 門馬市長は「ロボット産業の集積や人材交流が加速し、産業の復興につながる」、菅野村長は「常磐道と八木沢トンネルを使えば、あっという間に飯舘村。避難している人も、村外の人も、どんどん村に来てほしい」と期待を込めた。開通式には約50人が出席した。