【いわき】「くらら」が第5子出産 アクアマリンのゴマフアザラシ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ゴマフアザラシの「くらら」が出産した第5子の赤ちゃん=いわき市・アクアマリンふくしま

 いわき市のアクアマリンふくしまで飼育展示されているゴマフアザラシの「くらら」(雌、13歳)は21日、第5子となる赤ちゃんを出産した。

 同館が同日発表した。出産は同日午前2時30分ごろで、生まれた赤ちゃんの性別はまだ分からないが、体重は9.25キロ。母子共に安定した状態という。父はユキナ(20歳)で、これまでに生まれた4匹も全てユキナとの間に生まれた。性別が分かり次第、名前を公募する予定。

 生まれた赤ちゃんはくららの展示水槽で見ることができ、授乳などの様子を観察できる。よちよち歩きで活発に動き回り、水に入ろうとする赤ちゃんをくららが止めるシーンも見られたという。同館は「(くららは)落ち着いていて、5匹目の子育てに貫禄も漂わせている」としている。