【いわき】エリック・カール展や高倉健追悼展を開催へ いわき市立美術館

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市は3日、市立美術館企画展の年間スケジュールを発表した。「はらぺこあおむし」などで知られる米国の絵本作家エリック・カールさんの世界を紹介する「エリック・カール展」が福島民友新聞社などとの共催で、14日に開幕するほか、6月9日からは日本を代表する映画俳優故高倉健さんの追悼特別展などを開催する。

 市の定例記者会見で発表した。両作品展のほか、うさぎのミッフィーの生みの親であるオランダの絵本作家ディック・ブルーナの作品やモダンアートを紹介する展示や「昭和の子ども」をテーマにした写真展、いわき市出身の画家峰丘(みねおか)さんの個展「峰丘展」など、八つの企画展を展開する。

 本年度実施する企画展と開催期間は次の通り。

 エリック・カール展=14日~5月27日▽追悼特別展 高倉健=6月9日~7月16日▽美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方=7月28日~9月2日▽写真家がとらえた 昭和のこども=9月15日~10月21日▽ニューアートシーン・イン・いわき大久保草子展=9月8日~10月21日▽「峰丘」展=11月3日~12月9日▽市小・中学生版画展=2019年1月5~27日▽市民美術展覧会=2~3月(書の部=2月8~17日、絵画・彫塑の部=2月22日~3月3日、陶芸の部、写真の部=3月8~17日)