【南相馬】「ひよりちゃん」B案に 常磐線・全線開通応援キャラ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
デザインが決まったひよりちゃん

 JR常磐線の全線開通を応援するキャラクター常磐日和(ときわひより)(愛称・ひよりちゃん)の制作で、原町高美術部と女子美術大(東京都)が完成させたデザイン3案の投票結果が9日発表され、B案に決まった。

 キャラクター制作は南相馬市と東京都杉並区の職員有志が進めている。キャラクターを活用した商品開発などを計画しており、常磐線沿線の復興支援や地域振興につなげたい考えだ。

 職員有志が1月11日~2月8日に、南相馬市の原ノ町駅とインターネット上に投票所を設け、投票を呼び掛けた。投票総数は477票でA案が98票、B案が251票、C案が128票だった。

 ひよりちゃんは災害で兄弟とはぐれた「ひよこ」と共に、常磐線に乗って兄弟を探す物語。災害を乗り越え、人々や地域が再び「つながる」ことをテーマにしている。