【富岡】新聞で予習、時代を笑おう ザ・ニュースペーパー、29日公演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来場を呼び掛ける(左から)山本さん、福本さん、浜田さん、土谷さん

 社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」は29日、富岡町文化交流センター「学びの森」で公演する。「さようなら平成 こんにちは令和」と題し、メンバー9人全員が出演し、時事問題に切り込んだコントを繰り広げる。メンバーは「新聞でニュースを予習し、コントを楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。富岡町、町教委の主催、福島民友新聞社などの後援。

 同集団は「社会問題を風刺し、時代を笑い飛ばそう」との思いで1988(昭和63)年から全国で活動。公演前に大きなニュースが飛び込んだ際には新たにコントを作って差し替えるなど、旬の話題を子どもから大人まで楽しめる公演を目指している。

 今回は「令和」の墨書を掲げる菅義偉官房長官や安倍晋三首相、トランプ米大統領など"ニュースの主役"が多数登場。政治や社会、スポーツなどをテーマにした10本以上のコントを演じる予定。午後2時30分開演(同2時開場)。全席自由席で、前売り3千円、当日3500円。問い合わせは同センター(電話0240・22・2626)へ。

 同集団の山本天心さん、福本ヒデさん、浜田太一さん、土谷ひろしさんは5月21日、PRのため福島民友新聞社いわき支社を訪れた。