【県内】高湯温泉「1位」、湯野上温泉「2位」 秘湯部門・全国満足度

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「高湯のブランドが上がる」と観光客増加に期待する遠藤会長

 リクルートライフスタイル(東京)は8日、旅行専門雑誌「じゃらん」のインターネット版「じゃらんnet」の会員、利用者を対象にした人気温泉地ランキング2016を発表、全国温泉地満足度ランキングの秘湯部門で、高湯温泉(福島市)が6年ぶりの1位、湯野上温泉(下郷町)が2位に選ばれた。5位にも表磐梯温泉(猪苗代町)が入るなど、震災、原発事故からの復興を目指す本県観光の大きな追い風になりそうだ。

 ランキングは全国331の温泉地が対象で、各温泉地を訪問した1万2062人から回答があった。秘湯部門は、回答者(訪問者)が50人以上100人未満だった温泉地が対象。「とても満足」「やや満足」と答えた人の割合で順位付けしており、高湯温泉は満足度92.6%、湯野上温泉は92.3%、表磐梯温泉は88.0%と上位を占めた。

 6年前の秘湯部門は回答者が15人以上30人未満の温泉地が対象だった。一方、総合満足度ランキングでも、高湯温泉は5位、湯野上温泉は9位に入った。1位は万座温泉(群馬県)だった。

 「地道な努力」誇り 喜び"湧く"関係者

 秘湯部門満足度ランキングで1位に輝いた高湯温泉。高湯温泉観光協会の遠藤淳一会長(60)は「日々のおもてなしが結果に結び付いた。各旅館の地道な努力のおかげで誇りに思う」と「高湯」のブランド力の向上に期待する。毎月のように同温泉に通っているという福島市の主婦斎藤主(つかさ)さん(71)は「全国各地の温泉を巡っているが、高湯が一番」と"日本一"の称号に太鼓判を押した。

 2位となった湯野上温泉は「塔のへつり」で有名な大川渓谷沿いにある。旅館・民宿はいずれも小規模で家族経営が多く、湯野上温泉観光協会の星裕明会長(53)は「アットホームな雰囲気と家庭的で温かみのあるサービスが宿泊客に喜ばれたのでは」と分析。「地域住民と一体となって盛り上げ、温泉街の再生を軌道に乗せたい」と意気込む。

 また、5位に入った表磐梯温泉で静楓亭を営む荒井謙一社長(59)は「冷めにくく、アトピーにも優しい泉質。最近は近畿や中京圏から訪れるお客さまも増えている。ランクインはありがたい」と喜んだ。