【伊達】『健幸』づくりの場開設 霊山中央交流館・ウェルネスサテライト

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ウェルネスサテライトで健康体操に励む参加者

 伊達市霊山中央交流館のウェルネスサテライトオープニングセレモニーは26日、同館で行われた。参加者が健康講座に臨んだ。4月1日に本格オープンし、地域住民の健康づくりや交流スペースとして活用される。

 同市の「健幸都市づくり」の一環として、同館の改修工事が行われた。多目的スペース「健幸スタジオ」は鏡張りで、段差なしのカーペットを敷いた。健康器具もそろえている。健康集会や会議の場に使われる。

 セレモニーでは、仁志田昇司市長が「地域が家族になる必要がある。ウェルネスサテライトを交流の場として利用してほしい」とあいさつした。この後、コーチズ伊達代表の杉浦伸郎さんによる「健幸づくり講座」が開かれた。参加者が体に優しい健康体操を学んだ。