【田村】あぶくま洞...『恋人の聖地』に ロマンチックにプロポーズを

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
あぶくま洞に新たに整備された「恋人の聖地誓いの鐘」

 田村市のあぶくま洞は6日までに、NPO法人地域活性化支援センター(静岡市、志垣恭平理事長)からプロポーズにふさわしいロマンチックなスポット「恋人の聖地」の認定を受けた。同NPOは全国の137カ所を認定しているが、あぶくま洞は県内唯一の認定施設という。

 同NPOは「少子化対策と地域の活性化への貢献」をテーマに2006(平成18)年4月の設立と同時に「恋人の聖地」を商標登録し、申請を受けて認定している。

 あぶくま洞は石灰岩採掘跡の切り立った岩場と田村市滝根町の町並みが眼下に見える景観の良さ、洞内の神秘的な空間が評価され、1日に認定された。同NPOの事務局は「震災後の東北で明るい気持ちになってほしい」と話している。

 市が、あぶくま洞敷地に新たに整備した「恋人の聖地誓いの鐘」は4日に完成した。市は「鐘を鳴らし、2人の思い出にしてほしい」としている。