【県内】東北の「究極のお土産」紹介 復興庁監修・公式ガイドブック

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
復興庁監修の「世界にも通用する究極のお土産〔公式ガイドブック〕」

 a.ru.ku(アルク)出版(郡山市)は、復興庁監修で「世界にも通用する究極のお土産〔公式ガイドブック〕」を発行した。

 復興庁は昨年6月から、世界で通用する味や技術を持ちながらまだ世の中に知られていない東北の特産品を、食の目利きによって発掘し全国に紹介する官民共同プロジェクトを行った。

 対象は、地域産品を原材料に含む加工品(食品または飲料)。公式ガイドブックでは、応募総数約500件から選ばれた東北地方の「究極のお土産」11品と最終選考に残ったお土産合計112品を紹介している。

 県内からは「究極のお土産」に選ばれた本家長門家(会津若松市)の香木実(かぐのきのみ)と、ワタスイ(須賀川市)の国産無添加ドライフルーツ「七果」の2品を紹介。最終選考に残った26品も掲載している。

 定価は千円(税別)。県内ではTSUTAYA(みどり書房)やTSUTAYA(ブックエース)、岩瀬書店、ジュンク堂書店で取り扱っている。同社でも購入できる。問い合わせは同社(電話024・991・6323)へ。