【桑折】「天皇皇后両陛下行幸啓記念碑」除幕 モモ産地振興へ誓い

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
除幕された天皇皇后両陛下行幸啓記念碑。背景にはモモ畑が広がる=17日午後、桑折町

 昨年7月の天皇皇后両陛下ご訪問を記念した桑折町の「天皇皇后両陛下行幸啓記念碑」除幕式は17日、同町の桃の郷ポケットパークで行われた。出席者が両陛下のご訪問を励みに、モモ産地振興への誓いを新たにした。

 同町産のモモは昨年まで22年連続で、県が皇室に贈る「献上桃」に選ばれている。両陛下は、同町のモモ畑を訪問され、農業復興に取り組む果樹農家を励まされた。「献上桃の郷」の名称は今月13日、特許庁から商標に認められた。

 式ではJAふくしま未来の安彦慶一専務が「復興のシンボルとして後世に継承していく」、高橋宣博町長が「両陛下から温かいお言葉をいただき、町民にとって無上の喜び。献上桃の名に恥じぬよう、町産モモの魅力を全国に発信したい」とあいさつした。関係者がロープを引き、除幕した。記念碑の脇には、献上桃の郷の碑が設けられている。