【福島】信夫山にガイドセンター開所 展望スペースやジオラマなど展示

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
市街地を見下ろす斜面に整備されたガイドセンター

 ふくしま未来研究会は18日、福島市御山の信夫山にある旧しのぶ荘を改装した新たな観光案内施設「信夫山ガイドセンター」を開所した。信夫山の観光拠点としてガイドが常駐、県内外に魅力を発信する。

 施設は山の斜面を利用して整備された2階建てで、敷地面積は約260平方メートル。1階に山の歴史や景観を紹介する資料や精巧なジオラマなどを展示、2階と屋上には展望スペースを設けた。市中心部に近い信夫山は古くから信仰の山として知られ、周囲には文化施設も多い。市街地を見渡す眺望も魅力の一つで、センターを中心に関係団体が連携し信夫山を観光地としてアピールする考えだ。

 開所式では、未来研究会の佐藤勝三代表理事が「信夫山が首都圏からも注目を集めるよう取り組む」と述べた。飯塚俊二県商工労働部長、小林香福島市長、渡辺博美福島商工会議所会頭らがくす玉を割った。

 入場無料。開所時間は午前10時~午後7時で、水曜日休館。無料でWi―Fi(ワイファイ)が利用できる。館外のガイドは有料。問い合わせは電話024・572・6042へ。