【国見】モンドセレクション金賞 日本酒「国見あつかしさん」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
モンドセレクション金賞受賞を報告する太田町長

 国見まちづくり会社(社長・太田久雄国見町長)の日本酒「国見あつかしさん」(火入れタイプ)は、モンドセレクション2016の蒸留酒・リキュール部門で金賞を受賞した。太田町長が21日、町役場で会見し、明らかにした。同町産の商品の受賞は初めて。

 国見あつかしさんは昨年12月に販売開始。同町で戦後途絶えていた地酒が復活した。原料には、2014(平成26)年に献穀米生産者に選ばれた朽木農園(同町)の「天のつぶ」を使用。人気酒造(二本松市)が醸造している。

 値段は720ミリリットルで1500円(税別)。同町の酒店や県内の生協、コラッセふくしま(福島市)内の県観光物産館などで販売している。

 モンドセレクションでは、国見産天のつぶの品質や安全性などが世界水準と評価された。

 同町では来年3月ごろに道の駅がオープンする予定で、国見あつかしさんのほか国見産農産物を活用した6次化商品を取り扱う。

 太田町長は会見で「(金賞受賞は)農産物の風評払拭(ふっしょく)に向け追い風となる」と述べ、「農業復興の弾みにしたい」と期待した。