【大玉】「あだたらの里直売所」で大玉産野菜使った料理を販売

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
販売が始まった地元産野菜を使ったかき揚げ入りのうどんやそば

 大玉村のべるうっど(鈴木正広社長)は17日から、同村の国道4号にある「あだたらの里直売所」内で、地元産の野菜を使ったかき揚げ入りのそばやうどんの販売を開始した。初日から熱々のそばやうどんを求めて多くの人が訪れた。

 同直売所の会員でもある同社がテナントとして出店。食を通じて同村産の野菜の魅力などを伝え、年代を問わず、多くの人に訪れてもらおうと安価で提供する。

 かき揚げには地元産のタマネギやカボチャ、ニンジン、長ネギなどが使用されており、生産者の名前も明記している。かけそば、かけうどんは各300円。かき揚げは100円追加で食べられる。

 営業時間は平日午前11時~午後1時。