【郡山】江戸時代の農民一揆紹介 郡山市歴史資料館で古文書など展示

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
農民一揆に焦点を当てた資料が並ぶ企画展

 農民一揆に焦点を当てた郡山市歴史資料館(柳沼正志館長)の本年度企画展「民衆の叫び~江戸時代の史料を読む」は来年3月30日まで、同市麓山の同館で開かれている。来場者が、農民とその支配者を巡る歴史に思いをはせた。入場無料。

 江戸中期から後期にかけて同市を領地としていた二本松藩や守山藩と当時の農民の関係が、一揆の落着文(判決文)、藩からの回答書などの古文書、パネルなど同館の収蔵資料約70点から学べる。

 時間は午前10時~午後5時(入館は同4時30分)。月曜日と月末、年末年始は休館。