【鮫川】『おから保冷剤』サービス好評! 農産物直売所「手まめ館」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
保冷剤代わりに提供されている冷凍おから

 鮫川村の農産物直売所「手まめ館」で、冷凍したおからを保冷剤代わりに提供するサービスが注目を集め、集客に一役買っている。

 同館によると、11年前の開店から間もなく、当時の従業員のアイデアで冷凍おからの提供を始めた。それまでは通常の保冷剤を一つ50円で販売していたが、冷凍おからは無料。館内の加工所で、村特産の大豆を加工して豆腐を作る際に出たおからを使っており、コストはほとんどかかっていない。

 冷凍おからは解凍すれば食べることができる。同館によると、同館でレシピを配布しているおからサラダのほか、炒め物、ハンバーグなどにして食べる人が多いという。

 岡部良典館長は「それほど珍しいサービスとは知らなかった。保冷剤にも食材にもなり一石二鳥で、お客さんにちょっと感動してもらえる。今後も続けたい」と話している。

 開館時間は午前9時~午後6時(4~9月は同6時30分)。毎月第1水曜は定休。問い合わせは同館(電話0247・49・2556)へ。