【福島】「県民のくらし応援文庫」開設 役立つ図書充実へ福島県立図書館

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開設された「県民のくらし応援文庫」

 県立図書館に、県民の暮らしの中の課題解決に役立つ図書を集めた「県民のくらし応援文庫」が開設された。個人や企業などから寄贈を受け、育児や健康、まちづくり、防災などをテーマにした"役立つ"図書を充実させる方針で、同館は、寄贈図書を募っている。

 文庫開設で、県民の安全、安心なくらしに役立つ蔵書を一層充実させ、「課題解決型」の図書館を目指す。文庫は第1弾として太陽光発電事業を行う福島発電(福島市、鈴木精一社長)から寄贈を受けた環境やまちづくりなどに関する約90冊(30万円相当)の図書を元に開設した。同館は今後寄贈を受け付け、図書の充実を図る方針だ。

 寄贈は5万円相当から可能で、文庫のテーマに沿った図書が対象となる。事前の相談が必要。問い合わせは同図書館(電話024・535・3220)へ。