【石川】福島県初!八幡屋が総合1位 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で総合1位に選ばれた八幡屋

 旅行新聞新社(東京)は14日までに、第42回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」を発表、八幡屋(石川町・母畑温泉)が福島県初の総合1位に選ばれた。

 100選は、もてなし、料理、施設、企画の各部門で全国約1万6000社の旅行会社の投票で選考。総合は各部門の総合評価で順位が決まる。八幡屋はもてなし、料理、施設の各部門で3位、企画部門2位で、36年連続で総合1位に選ばれていた和倉温泉の加賀屋(石川県七尾市)を抑え、初の栄誉となった。八幡屋は1880(明治13)年、湯治旅館として創業。1983(昭和58)年の増築を機に本格的な観光旅館となった。おかみの渡辺和子さん(66)は「古里を感じられるような温かみのある旅館でありたい」と話した。

 本県関係のトップ10入りはこのほか、匠のこころ吉川屋(福島市・穴原温泉)がもてなし10位と料理4位、ホテル華の湯(郡山市・磐梯熱海温泉)が企画10位だった。表彰式は来年1月20日、東京都内で行われる。